ロゴ

育ちの支援オフィス

かんごの木

支援者支援のパイロット事業『きき屋』はじめます。

3月まで潜伏して研究論文をまとめていたのですが、その間に新型コロナウィルスのおかげで世間の様子が変わってしまいました。
大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃると思います。お見舞い申し上げます。
かくいう私も、講演のお仕事が中止になってしまい、皆さまにお会いする機会がめっきり減ってしまいました。
もともと通過点のつもりで始めた「かんごの木」も、そろそろ行く末を考えなくてはならなくなってまいりました。
  
さて、そんな昨今ですが・・・ 明日から、聴くだけの支援者支援サービス『きき屋』を始めることにしました。
対象の方は、対人支援職限定(ただし職種は問いません)です。
 
特別なことは何もしません。おはなしの内容はなんでもOKです。
上手におはなしできない方は、オラクルひいてもOK(簡単なリーディングのお手伝いいたします)。ただ泣きに来てもOKです。
もちろん、秘密は護ります!
  
パイロット事業(試行的事業)として始めるので、しばらくの間は、会場使用料(契約会議室の規定で、おひとり600円)のみでご利用いただけます。
皆さんのおはなしが、わたしの報酬です。詳細は、明日、ご案内いたします。
裏メニューなので、このサイト(HP)ではなく、ひとまず、Facebookでご案内することにします。
  
また、今後、同様のパイロット事業(無料の裏メニュー)で、『てらこ屋』も始めようと思っています。
こちらも追ってご案内いたします。
今後とも、よろしくお願いいたします。
 

前
新年のご挨拶(2020年)
カテゴリートップ
かんごの木ニュース
次
裏メニュー『きき屋』の情報について