事業の概要

かんごの木は、学術的知識と共育・相談の経験を糧に支援者の育成をサポートします

かんごの木がお届けするケアのこころ
“難しい”と敬遠しがちな知識も、馴染みやすい日常的な言葉を使った対話でわかりやすく
支援の唯一無二の資源は『人』― 人として輝きを増していく『こころの時間』をあなたに

研修講師 *令和3年1月より新規請負を停止しております

  • 令和2年12月末日までにご利用いただいたご依頼主様に関してましては、可能な限りお引き受けいたします。個別にお問い合わせください。

精神保健コンサルテーション (きき屋 事業所版)

  • 医療・福祉系事業所等に勤務する支援者向けのサービスです。事業所と契約を結び、職員の皆さんのお話しを聴かせていただきます。個人の秘密は護り、内容を限定せず自由にお話しいただきます。
  • ありのまま受け取り、照り返す(健康的な対話を実施する)ことで、ご自身の健康状態に気づいていただく面談方法をとっております。お話しいただく方の心的な安全が保持できるよう配慮して対話をいたします。

  • ストレス障害等が心配される方については、その場でストレスチェックを実施したり、受診を勧めたりすることがあります。ご本人の同意が得られた場合は、ハイリスク者として管理者に報告させていただきます。

  • 一定数以上(例:全職員の半数以上)の方からお話をうかがうご契約の場合は、職場風土やコミュニケーションパターン(情報のフローに影響すること)など、管理上配慮が必要な点について、健康職場づくりの観点からフィードバックいたします。(詳細はお問い合わせください)

  • 新型コロナウィルス感染症のクラスターが発生した職場など、危機的状態を経験されている職場のご依頼も承ります(組織名等非公開ですが実績があります)

教育系コンサルテーション *令和3年1月より、看護研究指導の新規請負を停止しております

  • 職場風土の改善やケアの質の向上(精神・倫理系)など、教育系の介入を希望される場合は、期間契約(1年単位)で承ります。
  • てらこ屋: かんごの木が担当させていただいた集合研修後のフォローアップや、教育および精神保健系のグループ学習・相談に応じます。講義(講師業)はいたしません。あくまで知識の理解を助けるための対話です。知識を現実の状況(事例)に適用するための相談もお引き受けします。

  • 秘密は厳守いたします。

  • 調べものの代行や、論文その他職場等への提出資料のアイディア提供および代筆はいたしませんのでご注意ください。

ライティング

  • 看護職向けの雑誌で、連載等の実績があります。詳細はお問い合わせください。 

その他

対人支援職の方を対象に、支援者支援のパイロット事業『きき屋』実施中です。FBページのイベント欄をご覧ください。

上記以外の業務をご要望の際は、個別にお問い合わせください。

ご利用案内